富士山の噴火の可能性は?

富士山は活火山なので噴火する可能性があります。

しかしここ最近では噴火は起きていなく、世界遺産登録、登山客も増えているなどのニュースから安全な山だと認識している方も少なくありません。

一番近い噴火は、1707年の宝永噴火です。

すでに300年以上も前ですね。

逆に考えると、300年以上マグマをため込んだ状態ともいえます。

東日本大震災などの地震が引き金となって噴火することもあります。

事実、最近富士山付近が震源地となっている地震も観測されていますよね。

宝永噴火の際も地震が引き金になって噴火した説が有力になっています。

富士山ほどの山が噴火すると、被害も大きくなります。

付近の方や、登山を予定している方はこういった富士山の側面もしっかりと頭に入れておくことが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です