富士山にかさ雲

富士山に珍しい現象が起こりました!

9月10日の早朝に珍しい「かさ雲」が富士山にかかりました!

かさ雲とは、富士山にかさがかかったように雲がかかって見えるということです。

かさ雲がかかると、その後天気は下り坂になるという話がありますが、その日もその後は厚い雲に覆われ天気は良くなかったということです。

こういう珍しい現象が見れるのもうれしいですね。

入山料の徴収には前向き。

富士山の入山料の問題について、アンケート調査を行ったところ約7割の人たちが富士山の入山料の徴収に賛成しているという結果が出ました。

一番多かった金額は「千円~二千円」だった模様です。

二千円以上でも構わないという人が約4割という結果になっていました。

富士山では遭難者も登山者増加につれて年々多くなっていっています。今年の遭難者数は過去最悪の数字となっています。

富士山の登山に関しての情報はインターネットでも書籍でも多々ありますので、気軽に登ってみようなどと言うのではなく、しっかりと知識をつけてからにしてくださいね!

冬季閉鎖しました。

富士山は9月2日で4つの登山道が冬季閉鎖しました。

しかし今日のニュースを見ていると、冬季閉鎖は名ばかりで続々と登山者が頂上めがけて登っていくという報道でした。

冬季閉鎖をするには理由があってのことです。冬になっていくにつれ気温が下がり、頂上付近となればかなり冷え込みます。

さらに落石の恐れなども出てくるため、今までよりも事故にあう確率が高くなります。

それを踏まえての冬季閉鎖ですので、閉鎖中は登山を控えてくださいね。

今年は世界遺産にも登録され、登山者がまた多くなってきているのも事実ですが、しっかりとルールを守った登山を心がけてください。

何かあれば救助隊なども出動しなくてはならず、それにも危険が伴うということを理解しておいてください。よろしくお願いします。